カードを使うシチュエーション

印刷中

カードプリンタを利用して製作できるカードは様々ですが、カードが活躍する主な場として、以下のようなものがあげられます。
■オフィス
オフィスで使用されるカードには、名刺や社員証、商品案内、コンプライアンスカードなどがあります。
裏面まで凝ったデザインにすることができるため、満足のいくカードに仕上げることが出来ます。…

欲しい時にすぐできる

印刷

急遽必要となった名刺や社員証などのカードを作成するとなると、業者に依頼すると完成までの早くても2日ほどかかってしまいます。
そのような時に、その場ですぐ作成、印刷ができる機器として、小型のカードプリンタが活躍します。
小型のカードプリンタとは、業者の使用する大型のタイプとは違い、主に紙のカードの印刷が可能となります。
また、小型カードプリンタは、そのカードデザインの製作などは全て手持ちのパソコンで行います。
小型カードプリンタと言っても、装置にUSBを差し込み、印刷を行うタイプのものや、手持ちのプリンタにセットして印刷するタイプのものなど様々な種類があります。
エコ設計で消費電力を抑えることができる、48bdも満たない静かな動作音など、様々な魅力も多くあります。
このカードのデザインは、付属のソフトウェアを使用して自分で製作します。
しかし、そのレイアウトなどは豊富なサンプルがあるため、誰でも簡単にカード製作を行うことが出来ます。
大型タイプのプリンタと同様に、バーコードやQRコードの印刷も可能となっているため、様々なシチュエーションで使用できるカードの製作ができます。

業者に依頼すると

インク

カードプリンタには、大型タイプと小型タイプがあります。
その2つをうまく使い分けることで、よりコストを削減することができます。
ここではまず、大型タイプのカードプリンタの特徴について紹介していきます。…

生活にあふれるカード

カラー

日常生活を送っている中で、「カード」というものをよく目にします。
学生なら学生証、社員なら社員証や名刺といった身分を証明するカードや、商品を購入するたびにポイントが貯まるポイントカードなど、カードには様々なものがあります。
他にも、現代ではセキュリティを強化することができるICカードなども広く普及しています。
これらのカードというものは、今や誰もが持つ当たり前の存在となりました。
このようなカードというものは、その作成はほとんどが大量製作となります。
その際、一つ一つ手作業で行うとなると、デザインを考えたり、印刷をしたり、多くの手間や時間がかかる面倒な作業となってしまいます。
それを解決できるのが、カードプリンタです。
カードプリンタとは、その名の通りカードなどを印刷する専用のプリンタのことです。
カードプリンタには、業者が使用する大型タイプのプリンタと、自作できる小型タイプのプリンタがあります。
大量に必要という場合や、通常の紙ではなく、プラスチックカードや磁気カードの製作が必要という場合は、業者に依頼して、大型タイプのプリンタを使用して製作します。
ですが、名刺や社員証などの紙のカードの作成は小型プリンタで全て行うことができます。
小型プリンタには写真やバーコード、QRコードの印刷も可能となっていて、さらに欲しい時にすぐ手に入るというメリットもあります。
小型プリンタはコスト削減にも大きく繋がるため、現在この小型プリンタを取り入れる企業は増えてきています。